予備校選びで重要なポイント(自習室)

医学部合格の為には予備校の自習室環境までこだわろう

自習室が無い予備校は無いでしょう。
ですが予備校によっては自習室環境が自分に合わないと感じることもあるのです。
医学部の受験をする生徒にとっては自習室、自習環境は合格への生命線、最重要項目と言えるでしょう。
自分にとって自宅よりも集中して勉強ができる環境こそが自習室を本当に活用してると言えます。

医学部受験生はここまでこだわって選ぶべきポイント

▼①早朝と夜間は何時から何時まで利用可能か
日々のスケジュール管理をする上で必要な事項です。
起床時間、就寝時間から逆算して判断しましょう。

▼②日曜日祝祭日での利用は可能か
こちらもスケジュール管理と勉強時間の確保の為どういう環境かしっかり見極めましょう。

▼③騒音や自習室の環境を保つためにどういった対処があるのか。
パーテーションがある席数はいくつあるのか。
イヤホンや騒音を雑音を出す生徒に対し予備校側に対処のフローが確立されてるか?
定期的に清掃が行われるのか?

▼④生徒数過多の際や夏季冬季講習に空き室を自習室開放してくるのか。
自習室が使えないことがあると勉強に支障を大幅にきたします。
繁忙期、満席時の対応方法も予め確認しておきましょう。

医学部受験には予備校の環境が選ぶ基準とよく言われますが
具体的な想定を予めしておき、自分にとって最良な予備校選びをしましょう。
東京や大阪などの都市では生徒数だけでなく通学環境なども漠然とではなく
具体的に想定しておく必要もあるでしょう。

 

大阪での医学部予備校をお探しの方はTOPへ


TOPへ戻る