医学部に合格する人の予備校での過ごし方は?

予備校での過ごし方で全てが決まる

センター試験の現役受験者数は2016年度17年度で40万を上回っています。その中で医学部の必要得点率は9割を超えます。
その高いハードルを越えるには、現役で予備校に通う生徒全般に言えますが予備校に入ってからの勉強姿勢、勉強環境づくりが大事になってきます。
当然医学部に合格する為に予備校に通っている生徒には明確な目標とそれに至るまでの道筋、また志望校の傾向を踏まえて日々の勉強に取り組んでいます。
また生活環境全般を医学部の合格に向けて構築し【寮生活】を行う生徒も多いです。

予備校での過ごし方

一日のスケジュールでは9時~21時or22時の予備校が多い!
合格者が欠かさず行う朝の復習(確認)テストから午前~午後までの授業。午後以降は自習、先生との質疑応答。夕食後の補修、予習。先生からの一日の振り返り。
目標に向かっての努力は欠かすことはできません。
予備校によってはタイムカードで日々の生活を管理してくれ勉強の進捗状況まで管理してくれるので本人の向上心次第で環境を利用していきましょう。
食事では朝に少多めの淡水物を取ってから勉強に取り組む生徒が効率的に一日を管理してると言えるでしょう。グルコースで脳を朝から活発にさせることで効果的に時間を活用する為です。

 

大阪での医学部予備校をお探しの方はTOPへ


TOPへ戻る