医学部の受験合格の偏差値や基準など

医学部の受験合格の偏差値・基準、求められるものなど

【医学部の受験合格基準の目安とは?】

医学部の合格基準は、東京大学に並ぶほどに難しいと言われて、どれ程医学部合格が困難なのか、素人判断でも大体分かる位に明らかです。
あくまで国公立医学部の難易度を例に出した場合であり、私学の医学部では、難易度にかなりのバラつきがあります。

 

大学によっては、各科目に最低基準点が設けられて、仮に数学と英語が100点満点だったとします。
古典が10点だった場合などに、総合的に点数を出してみると通過ラインを越えていても、1教科だけが基準に満たないことで、不合格になってしまうこともあります。
受験に必要な科目は最低でも平均点ぐらいまで取れるように、バランス良く学習しておくことも、医学部受験を突破するためのコツです。

 

人によって、科目の得手不得手があるのは仕方ありませんが、医学部を目指すのなら、どの科目も人並み以上にできないと、医学部に合格できない場合があることも念頭に置きましょう。
いかに不得意科目を克服し、医学部受験に通用する学力を得られるかが、運命の分かれ道です。

 

【国公立大学の医学部の受験合格に求められるセンター試験の点数や偏差値】

国公立の医学部を目指す方の合格基準は、センター試験で9割以上の正答率が不可欠で、その正答率を出せなければ、足切りなどで2次試験に進めなくなります。
まずはセンター試験で目標の正答率を出せるよう、学力を身に付けることが肝心です。
センター試験の多くは、教科書からの出題が多いので、新たに勉強し直すわけでもなく、基本を大事に勉強することがポイントです。

 

国公立の医学部を目指す場合、東京大学や京都大学、東京医科歯科大学といった最難関レベルの医学部の偏差値は70台前半です。
センター試験の必要科目で、コンスタントに9割以上の得点をキープするのは当たり前で、本質的な思考力が問われる個別試験に対応する能力が必須です。
2次試験は、国公立大学の医学部の場合、どこも偏差値が60後半から70代で、東京大学や京都大学に合格することと同じような難易度の高さです。

 

地方大学の医学部の場合、偏差値は60台後半程度で、センター試験で9割以上の得点が望ましいです。
地元の地域医療に、どれだけ貢献する気持ちがあるのかを判定するための、小論文や面接などが実施されます。

 

地方大学では、地域枠という出身者を限定した枠が用意されている場合もありますが、基本的には、ハイレベル・高競争率であることに変わりありません。
4浪以上の受験者が、合格者全体の2割程度を占めるところもありますし、地域枠を当てにして医学部受験に望むのは早計です。
過酷な医学部受験で栄光を勝ち取るには、やはり日頃の勉強の積み重ねが大切で、大阪予備校医学部で学力アップを図ることも有効な手立てです。

【私立大学の医学部の受験合格に求められる偏差値や在学中の総費用など】

私立大学の医学部の学費は、国際医療福祉大学の場合、6年間の学費総額19,100,000円掛かります。
1年次学費は、入学金1,500,000円、授業料1,900,000円、教育充実費0円、委託徴収金100,000円、その他1,100,000円で、総額4,600,000円です。
2年次以降学費(年間)2,900,000円必要なので、私立大学の医学部を受験される方は、私立大学の学費が高いことを考慮した上で、受験に臨みましょう。

 

国際医療福祉大学医学部には、あいおいニッセイ 同和損害保険㈱奨学金があり、年額で1,800,000円提供されます。
同社の社会貢献事業の一環として、本学の2年次以上の優秀な学生が、奨学金の対象となります。
因みに偏差値66.0なので、国際医療福祉大学医学部を受験される方のご参考にしてください。

 

順天堂大学医学部の場合、6年間で必要な学費は20,800,000円で、国際医療福祉大学医学部よりも高額です。
それでも6年間の学費総額3千万円超える私立大学が幾つもあり、ここで取り上げた二校の学費の方が、むしろ随分安いと感じられる程です。

 

順天堂大学医学部の1年次学費は、入学金2,000,000円、授業料700,000円、教育充実費0円、委託徴収金0円、その他200,000円で合計2,900,000円です。
2年次以降学費は、年間3,580,000円掛かりますが、学費減免制度のA特待生なら、6年間総額18,800,000円減免してもらえます。

 

医学部入学試験において、学力試験および人物識見が極めて優秀な合格者に対して減免する制度です。
学費減免制度で、2年間の授業料・施設設備費・教育充実費(計448万円)が免除されます。
ただし、2年次の学費減免については、1年次総合成績の上位1/3以内を修めた場合に適用されます。

 

3~6年次は、上記成績基準を維持し、他の学生の模範になると認められた場合に適用されます。
学費が高い私立大学でも、医師を目指したい方のために、奨学金や減免制度を利用できるのが、私立大学医学部で医師を目指したい方の救いです。

 

私学の場合、センター試験を受けなくても済むような試験制度を取っている大学もあるため、センター試験が合格基準の全てではありません。
しかし近年では、センター試験を導入して、1次試験を行う医学部も増えているので、センター試験で8割程度は取れるようにしましょう。

 

日本国内で最も浪人生が多い学部と言われているのが医学部で、偏差値基準の高さが、浪人生が多い理由です。
2次試験に要する偏差値は、60代前半が多くなっていますが、慶応のように、私学の中でも難易度の高い医学部は、70代の偏差値を誇ります。
有名国立大、私立大は偏差値70以上、最低でも偏差値65は求められて、医学部の合格基準がいかに高いのかが分かります。


TOPへ戻る