大阪大学『医学部』の特徴や受験対策!

大阪大学の医学部の特徴と受験対策!

【大阪大学とは?(設立背景、立地、校風など)】

大阪大学は、我が国第6番目の帝国大学として、1931年に創設されて、医学部と理学部の2学部からなります。
大阪大学は、2011年に創立80周年を迎えましたが、2013年には、適塾創設175周年という阪大の歴史の中で、大きな節目の年を迎えました。

 

大阪大学の原点は適塾で、備中足守藩(現岡山市北区足守)出身の緒方洪庵が、江戸や長崎で蘭学・医学を修行後、1838(天保9)年、大坂・瓦町に医院とともに開いた私塾です。
7年後、過書町(現中央区北浜3)に移転し、計24年にわたって種痘法や、コレラ治療法の研究を進めました。

 

1869年に明治新政府は、洪庵の二男・惟準(これよし)や、洪庵の弟子達、オランダ人教師・ボードウィンを迎えて、大阪仮病院と大阪医学校を開設しました。
大阪医学校は、幾多の変遷を経て1915年に大阪府立医科大学になり、大阪帝国大学医学部へと発展していきました。

 

大阪帝国大学の初代総長は、世界的な物理学研究者の長岡半太郎です。
大阪帝国大学は、国の施策により、日本の最上位の国立高等教育機関および、研究機関として設置されていました。

 

当時、東京をしのぐ大都市であった大阪に、総合大学をという声が民間から上がりました。
当時の大阪府立医科大学長の楠本長三郎(第2代総長)や、大阪府知事柴田善三郎を始め、関西財界や府民の熱意ある活動の末、悲願の大阪帝国大学が誕生しました。

 

民間の意思と財源により創設された帝国大学で、大阪帝国大学の誕生の背景には、大阪医科大学の事務官西尾幾治の悲願達成に向けた多大な努力がありました。
1896年に大阪工業学校として設立された歴史ある大阪工業大学が、1933年に工学部として加わっています。
医学、理学、工学の理科系帝国大学として、本格的なスタートを切り、微生物研究所や産業科学研究所が、民間からの寄付等により設立されました。

【大阪大学医学部の近年の入試出題傾向や特徴】

2020年の大阪大学医学部の近年の入試出題傾向は、学科が保健の場合、英語・物理・化学・生物です。
学科が保健(放射線技術科学・検査技術科学)の場合は数学、学科が保健(看護)の場合も数学、学科が医の場合、英語・数学・物理・化学・生物です。

 

一般入試の英語は、例年大問4題で構成されて、英文和訳:1題-和訳・長文読解:1題-空所補充、和訳、選択問題、記述説明など・英作文:1題ー自由英作文・和文英訳:1題ー和文英訳です。
英文和訳は例年、60~80words程の英文の和訳が出題されています。
和訳問題の高得点確保のために、正確な構文把握及び日本語力を身に付けるのがポイントです。

 

長文読解の場合、他の大問もあるため、精読よりも速読に試験時間を掛けましょう。
学習の際に一文一文の文法や、文構造を正しく理解しながら読み、日本語に丁寧に訳す練習をしておきましょう。
構文の理解力、語彙力をこつこつ上げていくことが、高得点への近道です。

 

自由英作文には例年、60~80wordsの指定が設けられています。
15分程度で解けることを目標として、第三者に添削などをしてもらうのが望ましいです。

 

和文英訳の場合、英作文のトレーニングのためとは言え、闇雲に英文を書くのではなく、英文を書くルールを学んだ上で、英文のストックを増やしていきましょう。
重要な構文を使った例文を暗記することで、書ける英文が着実に増えていきますので、構文集、例文集などの英文を丸暗記すると良いです。

 

一般前期入試の数学は、医学科、射線技術、検査技術科学専攻は大問5題、看護学専攻は大問3題で構成され、全問記述式です。
試験時間は医学科、射線技術、検査技術科学専攻は150分、看護学専攻は90分です。

 

難易度はやや難~難で計算力も必要なため、時間が足りない受験生が多く、確実に解ける問題を落とさないように注意しなくてはなりません。
医学科、射線技術、検査技術科学専攻の出題分野は、数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(数列、ベクトル)・Ⅲで、整数、平面ベクトル、空間ベクトル、三角関数などから出題されています。
頻出分野は微積で、その次にベクトル、極限、数列がよく出題されます。

【大阪大学医学部の学費総額、奨学金など】

大阪大学医学部の《昼夜》学科〈専攻〔コース〕〉は、2021年(予定)で、初年度納入金額817,800円、入学金282,000円、授業料535,800円です。
国立大学なので、他に諸費用が必要になる場合があります。
諸費用の取り扱いは、必ず募集要項等でご確認ください。

 

大阪大学医学部では、奨学生を募集中です。
日本学生支援機構奨学金【貸与型奨学金】には、第一種奨学金(無利子)と第二種奨学金(有利子)があります。
いずれも学業、人物ともに優れ、経済的理由により、学資の支弁が困難と認められる者に、奨学金が貸与されます。

 

貸与型奨学金は、大阪大学の学部または大学院に入学予定の方、大阪大学の学部または大学院に在籍中の方、後者に該当する方で、1年以内に家計が急変した方が対象です。
但し、奨学生の採用には基準が設けられて、申請者全員が採用されるとは限りません。

 

休学中・留年中の方は、申請資格がありませんのでご了承ください。
外国人留学生は貸与対象とはなりませんが、留学を希望する方向けの奨学金について、国際部国際学生交流課にお問い合わせできます。

 

奨学金の月額は、奨学生の種類に応じて異なります。
大学第一種奨学生(無利子)の場合、自宅通学で、貸与月額を20,000円、30,000円、45,000円から選択できます。

 

自宅外通学の場合、20,000円、30,000円、40,000円、51,000円から選択可能です。
大学第二種奨学生(有利子)の場合、20,000円~120,000円(10,000円単位)から希望金額を選択してください。

 

日本学生支援機構の奨学金は、学生本人に貸与されるものであり、貸与終了後に返還する義務があります。
ご自身の経済状況や、卒業後の生活設計等を考慮し、修学に必要な金額がどれ位なのかよくお考えの上、奨学金の申請をしてください。
奨学金のことも見据えて、大阪の医学部受験予備校で、医学部合格を目指す方が少なくないでしょう。


TOPへ戻る