海外で活躍する事を見据えよう

受験時から海外での活動を見据えよう

海外に活躍の場を求める医学部学生も増えてきております。
海外の医学部への留学や海外の大学の医学部への受験をする生徒も増えてます。

日本の医学部を卒業し海外で医師活動をするには

①該当の国での医師免許を取得
現地の言語を話せるのが大前提です。
留学生から臨床のような研究を経て、現地からの信頼や実績を積み
免許取得をするのが一般的なようです。
一般的と言いながらかなりの根気と努力が必要です。

②JAICAや青年海外協力隊に所属し発展途上国での医療活動及び支援を行う
発展途上国は先進国の様に医師免許自体も厳格な水準がない場合もあり
需要は高いです。

③各国で日本人向けの医療機関に勤務
アメリカやイギリスをはじめシンガポールやタイなど日経企業の進出が多い国でに勤務が想定されます。
日本の大学病院との交換留学のコネクションで勤務したり、学生時代からの人脈から勤務、駐在するケースが多いようです。

大阪での医学部予備校をお探しの方はTOPへ


TOPへ戻る