2021年度版 医学部受験予備校でオンライン授業!

医学部受験予備校でオンライン授業!

【オンライン授業とは?(集団授業形式と個別授業形式)】

昨今は、従来の講師から直接指導を受ける授業方法とは異なり、医学部に特化したオンライン授業が行われるようになりました。
自宅にいながら、プロ講師による1対1の個別授業が受けられて、まるで講師がその場から、勉強を教えてくれているかのような感覚を生徒に抱かせます。

 

例えばY-SAPIXの場合は、iClassというウェブ授業のシステムにより、オンラインの集団授業を実現させました。
全国のY-SAPIX校舎と生徒端末をウェブで繋ぎ、リアルタイムに授業を共有可能です。
各生徒の居場所からスムーズに質問できて、あたかも仮想の教室空間のような授業を実現させています。

 

Y-SAPIXでは、自宅からiClassを受講する方には、専用校舎のiClass mySpace校(mySpace校)をご用意します。
自宅からでも、通学と同様のサポートを受けられて、オンラインで、授業の質が落ちないか心配な生徒を安心させます。
進路でも遠隔でスタッフがサポートしますので、学習以外でも、mySpace校のオンラインは便利です。

 

オンライン自習室は、mySpace校に在籍している生徒が利用可能で、バーチャルな自習室です。
mySpace校と自宅をオンラインで繋ぐため、講師から生徒の様子が見られます。

講師に監視されている状況下で、生徒が適度な緊張感を持ちながら、集中力を高めて勉強が捗りやすくなります。
mySpace校には、現役大学生のインストラクターが待機し、学習中の疑問点の質問受けをして、気軽に質問できる体制を整えています。

 

医歯薬部門の東大蛍雪会は、オンラインで個別授業している個別型予備校です。
今まで通りの対面式授業なので、講師と双方向でやり取りしながら授業を進められます。
つまり対面式の授業と変わらず、講師の授業をインターネット経由で、リアルタイムに受けられます。

 

ご自宅にインターネット回線に接続可能なデジタル端末さえあれば、何処からでも個別授業を受講できます。
インターネットが発達した時代で、ここまで簡単に学習環境を確保できることが、医学部受験に挑む方にはとても有難いです。
入会時の面談なども、オンラインで対応可能で、地方や海外の方にも、東大蛍雪会を便利にご利用いただけます。

【オンライン授業のメリット】

オンライン授業は遠隔でありながら、同時双方向型でレスポンスが早く、講師とのやり取りのしやすさで、理解度アップに繋がります。
医系専門予備校のメディカルラボでは、1対1のオンライン授業を行い、自宅にいながら対面授業と遜色なく高クオリティです。
通学が難しい方にオンライン授業がお勧めで、校舎に通うことなく、医学部受験に向けた学力アップに効果的です。

 

同時双方向型オンライン授業なので、リアルタイムで講師とコミュニケーションを取り、学習の消化不良を防ぎながら授業を進行できます。
画面越しでも、校舎で勉強しているような感覚を味わえて、メディカルラボで従来の対面授業のように受けられます。

 

オンライン授業は、医学部受験に精通したプロ講師が担当し、疑問点をその場で質問して解決できるのが、双方向授業の強みです。
一人ひとりに合わせた個別カリキュラムに従い、より効率的なオンライン授業を可能にしています。

 

自宅からでもオンライン授業を受けられるので、わざわざ校舎に来る必要がなく、通学時間が一切掛かりません。
通学時間を学習に充てて、効率的に学習を進められます。

 

メディカルラボのオンライン授業は、校舎で受講する対面授業と同じ150分です。
まずは重要事項や問題の解き方を50分で分かりやすく解説し、講義内容に関連する演習問題を、生徒に解いてもらうことに50分費やします。

 

仕上げに演習問題の解説と、未定着事項の説明で完全習得を目指します。
段階的な授業の進め方で、知識の定着を促せるのも、オンライン授業のメリットです。

 

メディカルラボでは、授業で使用するテキストを事前にご自宅へお届けし、スムーズにオンライン授業を受けられるようにします。
宿題・課題やチェックテストの受け渡しは、メール、FAX、郵送など、生徒のご希望に合わせて対応可能です。
メディカルラボのような対応力の高い大阪医学部予備校なら、医学部受験生の多くが、安心してオンライン授業を受ける気になりますね。

【今流行っている理由とは?】

コロナ禍で校舎の勉強による感染リスクが高い中で、オンライン授業が注目されて、新型コロナにかからないか心配な医学部受験生には、願ってもない授業形式です。
オンライン授業なら、自宅からでも勉強できるので、新型コロナの脅威から逃れつつ、学力アップを狙うには打って付けです。

 

新型コロナの影響で、オンライン授業を導入する医学部予備校が増えています。
コロナ禍に対応した新たな授業スタイルが、医学部受験対策の要になる可能性が大いにあります。

 

オンライン授業に集団授業形式と個別授業形式があって、ウェブでリアルタイムに授業を共有させたり、講師と双方向でやり取りしながら授業を受けられます。
インターネットさえ繋がれば、対面授業のように講師に勉強を教えてもらい、着実に学力向上を狙えます。

 

オンライン授業は、自宅にいながら対面授業と遜色なく高クオリティで、直接講師から指導を受けられなくても、満足度の高い授業で医学部合格に導きます。
インターネット経由の学習なので、通学時間が一切掛かりませんので、通学時間の長さがネックな方には、オンライン授業は画期的で、医学部受験の大きな支えになります。


TOPへ戻る