30代の医学部再受験は大丈夫?

30代の医学部再受験は大丈夫?

【30代で医学部受験って、どんな人が受験するの?】

30代医学部受験生には、大きく2パターンに分かれています。
現役時代に医学部志望者だったけれど、医学部合格とならず、歯学部や薬学部などに入ったものの、医学部を諦めきれずに再受験する方です。
もう1つのパターンは、親が医師だけど現役時代には医師に興味なく、他学部に進学し一般社会に出てから、医師になりたくなって医学部を再受験したくなる方です。

 

最近では、先に挙げた2パターンに当てはまらない、30代医学部受験生も増加傾向にあります。
例えば一度は社会に出たものの、現状の待遇への不満や、不景気でこの先長く働ける会社なのか不安になった方です。
ともすれば高学歴の方が、失業リスクを負うことなく、高収入を貰える医師への憧れが強くなり、医学部受験への興味を高めていきます。

 

年齢が高くなる程、医学部合格が厳しくなり、30代医学部受験生にとっては厳しいです。
ましてや働きながら医学部合格を目指すとなると、勉強時間の確保が大きな課題となります。
余程医学部への強い志がなければ、仕事と両立しながら医学部合格を狙うのは大変です。

 

30代だと若い世代と比べて、医師として活躍できる期間が短いですが、どうしても医師になって患者を救いたいという強い意志があれば、30代からの医学部受験も遅くありません。
20代医学部受験生に負けない強い志望動機と、高い目標意識を掲げられる方ならば、30代医学部受験生でも目標意識を見失わずに、医学部合格に向けて前に突き進めます。

【30代は受験に不利なの?】

医学部によっては年齢などを理由に、合否を決めるため、50代主婦が面接で不合格になったケースがありました。
30代でも先のケースのように、不本意な結果になってしまう可能性があります。

 

30代になると、医学部受験で不利にならないか心配な方が、少なくないと思いますが、医学部合格への道が閉ざされるわけではありません。
年齢差別のない寛容な医学部であれば、30代再受験生でも、医学部合格を勝ち取るチャンスがあります。
必ずしも年齢が高いからといって、不合格になるとは限らないです。

 

確かに20代医学部受験生と比べたら、年齢的な衰えからくる集中力や、記憶力の低下が影響して、若い世代が医学部受験に有利になるのが現実です。
それでも一番肝心なのは、医学部受験でどれ程実力を発揮できるかであり、現に30代以上でも合格実績があります。

 

30代だと、医学部受験に不利になるから諦めていた方も、再受験生や多浪生も歓迎する医進の会など、お勧めの大阪医学部予備校で、医学部合格を目指して前に突き進みましょう!
30代でも再受験生や、多浪生が多いかもしれませんが、一人一人の生徒にオーダーメイドで、カリキュラムを立てる講師の下で、学力を伸ばすことで医学部合格が見えてきます。
以前程ではないですが、国公立の徳島大学など受験年齢に寛容ですので、そういった医学部も受験の選択肢に入れることも、30代医学部受験生に必要です。

 

30代で医学部再受験を目指すのは、必ずしも不利とは限らず、社会人で経験してきたことが貴重な体験となり、医学部受験で有利に働きます。
20代医学部受験生よりも、社会人を長く経験してきたため、壁や困難にぶつかった時の対応力が高く、医学部受験でも例外なく発揮されるスキルです。

 

社会人時代で身に付けたビジネスマナーや、コミュニケーション能力を、医療スタッフとの連携に活かせて、結束力の高いチーム医療を目指す糧となります。
20代医学部受験生と比べて、医学部受験のスタートラインに立つのが、遅くなってしまうのは仕方ありません。

 

それでも20代医学部受験生にはない豊富な人生経験を、医学部入試の面接でアピールすることで、医師になりたい強い動機のある受験生だと、面接官に認めてもらいやすくなります。
医師の資質に見合う人材とは、学力の高さや若さだけではなく、社会適応能力の高さも大いに関係あります。

【30代の再受験、医学部専門予備校での勉強法!】

医学部に合格するには、どうやって勉強すれば良いのか分からない、30代医学部受験生向けの勉強法をご覧ください。
30代医学部受験生の場合、年齢的なハンデがあるため、大阪医学部予備校で効率的な勉強法で、若い医学部受験生にも負けない学力を得る必要があります。

 

医進の会では、これから基礎力をつけたい生徒にも、勉強の仕方から復習までしっかり指導し、正しい勉強法を身に付けさせます。
ゼロからスタートでも、医学部受験に強いプロ講師が、手取り足取りオーダーメイド個別指導で、医学部合格に導きます。

 

各々の生徒に合わせた個別指導が、そのままベストな勉強法となり、勉強の仕方で行き詰まった生徒にも、偏差値アップの急上昇も夢ではありません。
努力次第で偏差値が40UPし、あれだけ遠かった医学部合格に手が届くようになる手応えを、指導力に定評があるプロ講師が与えてくれます。

 

医進の会では自習中、国公立大医学部のチューターが、生徒の各個別ブースを巡回して、問題を解けない生徒の質問に答えます。
わざわざチューターから、生徒の所まで出向いてくれる気遣いが、医進の会の親切な対応です。

 

苦手科目の説明・演習・解説など、チューターが授業形式で、各生徒に毎回30~60分程個別フォローでサポートし、しかも無料と良心的です。
料金を気にせず、チューターからの手厚いサポートを受けて、学力向上を狙うなら医進の会がいいですよ。
勉強法が徹底している上に、費用面にも配慮できる医進の会は、多くの医学部受験生が入校したくなるくらいに、お勧めの大阪医学部予備校だと言っても過言ではありません。

 

苦手科目の演習・解説は、共通テスト国語、共通テスト社会各種、数学、英語、化学、物理、生物などが中心で、1人のチューターがフォローします。
チューターが、月曜から土曜まで常時勤務し、合計10名以上在籍しています。

 

個別フォローは、生徒1人に5人まで担当が付きますので、定着度アップが期待できます。
講師も授業の無い時間があれば、生徒の質問に答えます。
30代の医学部受験生でも、医進の会のきめ細かいサポートを受けることで、こんなに理に適った勉強法があるのかと、心底感心するかもしれません。


TOPへ戻る